愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ペット産業の裏側ではTOP未分類 ≫ ペット産業の裏側では

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ペット産業の裏側では

130825_145150.jpg
平成23年9月23日 の よっちゃんです


この髪にもう一度  触れたい


アナっちは、きょうも元気!元気!
昨日はドッグランへ行きましたよ~
場所はひめはるの里
大したことはしていませんが、アナのブログに
すこ~し記します♪

むひひひって 凄い笑いですが
私きょうお休みしました!
お休み少ないし~でもお休み残っているし~
そして、休みたいし~

しかし・・・おうちにいてもね、なんやかんや
バタバタ、バタバタですね。





じつは、最近、以前にも増して訪れるサイトが
里親 犬    繁殖犬 引退
こういったサイトです。

怒り狂いますよ~本当に
思わず目を背けたくなるし
胸が苦しくなります。
でもね・・・
知ってほしいです、とことん、現状を。
私たち人間が作っているんですよ。
同じ人間が。
現状を知らなくてはならないと思う。
目を背けないでほしいです。

私は今はボランティア活動はできません。
ただ周りから見ているだけで
とてもとても偉そうなことは言えないです。
そう、言える立場ではないですが
でもね・・・・
ショッキングなことが・・・ホント多々あるんですよ・・・

何もしてあげられないから、
そう、私もそうです。
でも、それならば、せめて現状を知ってくださいって
思います。


--------------------------------------

投稿後にネットのニュース欄に掲載されていた記事をコピー
ペーストしました

このようなことが、よく・・・できるって思う。
なぜ?

袖ケ浦市のテーマパーク「東京ドイツ村」(同市永吉)のドッグランに今月13日、高齢の小型犬が置き去りにされているのが見つかった。後日届いた「引っ越して飼えなくなった」とする飼い主からの謝罪の手紙には、持病の薬が同封されていた。ドイツ村は、従業員らに引き取り手がいないか探したが見つかっておらず、担当スタッフは「ドッグランは犬の捨て場ではない」と憤っている。

 ドイツ村によると、置き去りにされていたのは、体長約35センチ、体重3・6キロの雄のシーズー犬。

 13日午後2時ごろ、園内のドッグラン「わんちゃんランド」で、利用者から「あの子の飼い主がいないみたい」と問い合わせがあり、従業員が確認すると、小型犬エリアの隅に座っていた。飼い主の帰りを待つかのように、駐車場の方をじっと見つめていたという。場内放送で迎えに来るよう促したが、飼い主は現れなかった。

 保護していたところ、18日ごろになって飼い主と思われる人物から手紙が届いた。氏名や連絡先はなかった。

 手紙には「名前カール、5月28日生、12歳」とあった。さらには、犬を飼えない所に引っ越し、引き取り手を探したが見つからなかったことや、保健所へ連れて行く前にドッグランで遊ばせようとし、他の犬と遊んでいる姿を見て「ここなら楽しく過ごせると思い、思わず置いて来てしまった。申し訳ありません」などと謝罪文が書かれていた。「心臓が悪い」と粉薬も同封されていた。

 カールは現在、ドイツ村で預かっており、従業員の石川百合子さん(64)らが散歩に連れて行くなど世話をしている。手紙にあった通り、高齢で心臓に持病があるためか、当初はせきが出ていたが、届いた薬を飲ませると良くなった。人なつこく元気で、石川さんが名前を呼ぶと小走りで駆け寄ってくる。

 2010年3月にドッグランがオープンしてから初めてのことだといい、ドイツ村は「あまりにも理不尽。二度とこんなことをして欲しくない」と憤慨。引き取り手を探している石川さんは「ドッグランは捨て場じゃない。ひどい。散歩に連れて行くと、いつも入り口付近でうろうろするので、いつか迎えに来るのを待っているのだと思う」と話していた。




スポンサーサイト

Comment

No title
編集
今日のよっちゃんのお写真も可愛い!!

よしこちゃんはとっても幸せな生涯でしたね。
本当の(犬の)両親と人間の家族に囲まれて大きくなったのですから。

世の中のわんこみんながよしこちゃんのように生きられたら良いのに。

新しくわんこが飼いたい人は、子犬が生まれたお家から養子縁組するしかないような制度になれば、もう少し安易な考えの飼い主が減るのかも。
2014年09月24日(Wed) 23:47
Re: No title
編集
ソルちゃんママ さんへ

おはようございます~♪
ちょっとバタバタしていて、ブログの更新できず、
コメントのお返事も遅くなってしまいました~
このよっちゃんもかわゆい18歳です(おやばか!)

わんちゃんの養子縁組のような制度よいかもしれませんね~
生体販売を止めてほしいって私は思うのです。
避妊・去勢手術はやはり必要だとも思います。


よっちゃんは自分の親と産まれた時から生活しているので
ホント、ストレス知らずでしたね。
それも長生きの要素の一つだったのかもしれないですね。
2014年09月28日(Sun) 08:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。