愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 延命措置とは?TOP未分類 ≫ 延命措置とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

延命措置とは?

読まれる側に立てば、重い内容の私のブログかもしれない・・・
って思いますが
現実はこうだし、今私のように「生命」と向き合っていらっしゃる方も
きっとどこかにいると思います。
かわいい、かわいいわが子に今何がしてあげられるのか
悩み考えている時に
「こういう人もいるんだなぁ~」って私の記事を読んで
思って貰えたら、とも思います。
そして、いつの日か、私が「懐かしい」と振り返りたいとも
思っているのでこうして綴っています。



昨日は点滴に行ったよぉ~
体重変わらず2.1キロ
体温38度4分で一応平熱の部類だけれど
よっちゃんの平熱からすると2分くらい高いよ~

まろちゃんは先に着いていました。
まろちゃん、前日より体温低めで
37度2分とかくらいしかないから
私「だめだよ、それじゃ~あったかくしなくっちゃ。」
で、体温低いのに昨夜きゅうりなんて食べさせているんだもん~
だめだめって言ってあげました(苦笑)



昨日のよっちゃんは地味目のおりぼん

写真 (20)407



聴診の後、先生が
「この心臓でよく頑張っているなって本当に思います」
って言ったの。
そうしたらね、やっぱりね・・・・考えちゃいますよね・・・

普段の生活の中でもあります、
ふとした時に「あれ?今ちょっと辛いかな?」って仕草の時。

私がよっちゃんにしてあげられること・・・

最期の最期までいつものように過ごさせてあげたいと思うし

それでもね、いろんなこと考えますよ。


先日病院からのお便りの中に
ある先生が「胃ろう」のことを書かれていて
その中に
寿命を全うしようとしている動物に対して
「ただ漠然と延命させているだけ」となる可能性が
あることも考えなければなりません・・・と言う
一行がありました。
それは「胃ろう」がテーマではありましたが
・・・・・
私は鍼や漢方、皮下点滴と
ただ単によっちゃんにたいして延命措置を取ってるだけか?
って・・・・・
いやいや、違うよ・・・・
よっちゃんは、まだ「自分で生きている」
それをサポートしているのよ・・・・

命ってなんでしょうね・・・


写真 (19)407




スポンサーサイト

Comment

No title
編集
「大往生したけりゃ医療とかかわるな」中村仁一著、私の好きな本です。
もしよかったらママさんも読まれてみてください。
ご無理なようでしたらこちらのHPに大事な部分が引用されていましたので、是非目を通していただきたいと思います。
http://eichinoyakata.blog47.fc2.com/blog-entry-449.html

2014年04月07日(Mon) 16:15
No title
編集
よっちゃん可愛い(^^)

私も、ポロンに対して延命処置をしてるんじゃないかと悩みました。
でもでも、お薬や点滴で症状がかるくなったり楽になるのは
延命ではないと思うのです。
なくなる一月前に急変した時も、やっぱり病院に駆けつけました。
それが延命と言えば延命だけど、自分で食べたり飲んだり排泄出来るときは
助けたい・・・
この心臓で良く頑張ってる・・ポロンも同じような事言われました。
涙がでましたが、頑張ってるんだからなんとか楽になるように
治療をお願いしたいと思いました。
考えは人それぞれで、それが延命なのかもしれませんが・・
命って・・・尊いものです。
この世で会えた縁。大切にして最後のお別れができれば。その時は悲しくて辛いけどきっと優しくて懐かしい日々を懐かしく思い出して微笑むこともできる日がくると信じています。
よっちゃんは幸せです。こんなにこんなに愛されて、そしてママさんもよっちゃんをこんない愛して幸せだと思うのです。
なんにもできない私だけど、よっちゃんとママさんを見守っています。(すみません偉そうに。)
きっと、
2014年04月07日(Mon) 20:20
No title
編集
読まれる側に立てば、重い内容の私のブログかもしれない・・・
~~
そして、いつの日か、私が「懐かしい」と振り返りたいとも
思っているのでこうして綴っています。

大変よく分かります。
私も10年前サイトを立ち上げたのはそんな思いからでしたし、昨年秋、最愛のエルが大病を患い闘病中も送った後もそんな思いでした。
息子には『お涙頂戴か。』といわれましたが、、、、
よっちゃんのママさんが思うようにつづれば良いと思いますよ。
読みたい人が読み、探している人もいます。
そして自分のためでもありますもの。
2014年04月07日(Mon) 22:17
No title
編集
難しい問題なのですが・・

先だって、学会で沢山の獣医さんにお会いするから・・
と質問を募集したのです。
その時、ヒロ姉から貰った質問の答えを私はまだ書いていません。
それは「うざい飼い主って?」という主旨の質問でした。

その質問をぶつけた中で、ある獣医さんが、
「私達医師は、患畜さんと飼い主さんのお手伝いを
させて頂いているだけです。」と仰いました。
だから、あくまでも飼い主さんの意志を尊重すると。
患畜さんの命の価値を一番わかっているのは飼い主さんだと。

よしこさんの気持ちも状態も、
一番よく知っているのは、
病気に関する専門家の医師ではなく、
terra0426さんだと思います。

よしこさんが、いつか、ラクになりたい・・
と思う日が来たとしても、
よしこさんは、まずterra0426さんに
それをきちんと伝えるはずです。

よしこさんが頑張っている、
まだ生きたいと思っている、
terra0426さんがそう感じるうちは、
諦めてはなりません。
迷ってはなりません。
そう思います。
2014年04月08日(Tue) 05:03
No title
編集
そうですよ、よっちゃんは普通にしっかり生きてますよ~
自分で歩いて、自分で食べて、自分で排泄もできる。
高齢ではあるけれど、目も見えて 耳も聞こえてる。
痴呆もなく、寝たきりでもなんでもない。
それって素晴らしいと思います!

ぼくもね、病院の先生に
「ぼくちゃん、ものすごく頑張ってますね~」と言われていました。
逆に返せば、とても悪い状態になってるのに・・
と言うところだったのでしょうか?
捉え方ひとつですが
私は、頑張ってくれてる のは彼の生命力だと思いました
動物たちは寿命がくるまで必死で生きるんです

よっちゃんの生命力、半端ないです
飼い主なら誰だって、我が子が穏やかに暮らせるように
できるだけ苦痛を取り除いてあげたいと思う
至極当然のことです
後悔ないよう、ママさんの思うようにしてね

よっちゃんが日々、良い気分で過ごせますように。

2014年04月08日(Tue) 09:09
Re: No title
編集
nahさんへ

ありがとうございます^^
引用されたHPすらお時間的にまだ全部は読みきれていませんが、
目は通しています。
癌に関しての私自身の考えと合致する部分はありますので
読んでみたいと思います。






2014年04月09日(Wed) 07:13
Re: No title
編集
ポロンmama さんへ

> よっちゃん可愛い(^^)

でしょ?(爆)ポロンちゃんもルリンちゃんもかわいいけれど
よっちゃんもかわいいでしょう?


誰もがぶつかる問題で悩むことであるとは思っています。
だよね・・・
自分のしていることや考えに悩まないときもあれば
これでよいのか?と思ってしまうこともある。
ポロンちゃんのとき、私は「頑張って」としか
言うしかできなかったけれど、
ママさんは悩み、辛い思いをされていたのだなぁ~って
改めて思います。
辛い中でもほんのちょっとしたことが嬉しかったりして
それに励まされ、笑顔を見せてくれたらその時は
「きょうは気分よいのだなぁ~」とほっとして・・・・。

今までのように自然に時の流れに乗っていこうと思っています。
いつも見守ってくれていて、有難く思うし
支えられてますよ^^(ホント)
2014年04月09日(Wed) 07:21
Re: No title
編集
エルママさんへ

ありがとうございます。
私がブログを始めたきっかけは、やはり自分の為でした。
そして、よっちゃんが病気になったとき
同じような立場の方の何らかの参考になれば、それもよいかな
とも思うようになりました。
(同じ病気の子でもその症状は個々異なりますが・・・・。)

また、共感しあうということも自分自身の励みにもなって
それが、よっちゃんと接する際にもプラス方向に向くことも
あります。

・・・結構私優柔不断な面があり、悩みやすい体質らしく
いつも事柄が行ったり来たりしていますね、苦笑。
今思い出しました、以前にもブログの内容で
悩んだことがあります(苦笑)

自分のブログです、他人様の為に書いているわけではないので
自分が思ったこと、感じたことをそのまま書いて行きます。
ありがとうございます^^
2014年04月09日(Wed) 07:35
Re: No title
編集
すずv-343ママさんへ

コメントありがとうございます。
思わず、ほろりときちゃいました。
とっても有難いお言葉を頂戴したように思います。

よっちゃんが、その時は言いますね。
そしてその時、私は絶対にわかるはずで
よっちゃんが生きたいと思っているから
ご飯もおやつも食べているわけで・・・
よっちゃんが生きるということを頑張っているうちは
私も諦めません。
迷いません。

ママさん、ありがとうございます。

2014年04月09日(Wed) 07:40
Re: No title
編集
きーちゃんさんへ

コメントありがとうございます。
この前ね、お昼休みにぼくちゃんに会いにブログへお邪魔してました。
よっちゃんもとても心臓が悪くなっています。
いつ、その時が来るのか、誰にもわかりません。

頑張って頑張って寿命を全うしたぼくちゃん。

よっちゃんが気持ちよく日々を過ごせるように
って思います。
「後悔」はしないようにしてきたのです。
私ね、よっちゃんがいなくなった時に
「後悔」をしたらね、それってよっちゃんにとっても失礼だって
思っているんです。
それだけは、あってはならないって思っています。

いつも、応援ありがとう~^^
2014年04月09日(Wed) 07:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。