愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 漢方薬TOP未分類 ≫ 漢方薬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

漢方薬

みなさん、ありがとうございます。
コメントへのお返事は土曜日もしくは日曜日を
利用して・・・って思っています。

勝手言ってごめんなさいね。
また、また長文です。
ごめんなさい。








よっちゃんには一緒に住むパパとママがいました。
よっちゃん、いつかは、パパとママのもとへ
帰る日がくるんだよねぇ~




涙の中、桜を見た年がありました。
ひらひらと散る花弁を涙を流しながら眺めていて
ただ、ただ悲しかった。
そんな年がありました。
涙で歪むアスファルトを見た年もありました。
暑さで歪んで見えたのか、涙で歪んで見えたのか
・・・・・
これから盛夏を迎えようとする初夏の一日でした。
すべてを失うことがこわくて、悲しくって
もう二度と立ち直ることは出来ない位の悲しみの中にいて
周りの景色を眺めても
それはどこか他所の世界のように思え
自分だけが取り残されてしまったよう。
私はもう笑うことはないだろうとも思え
未来とか、まったく考えられず
いつになったら、この苦しみから抜け出せるのかと
思った過去が2回ありました。
・・・・・
今だって、その時を思 い出すと
胸が張り裂けそうにはなるけれど
遠い昔の思い出のワンシーンになっている。
長い時の流れを要したけれど
私は笑うことができる様になった。
悲しみや喜びは繰り返しやってくる・・・・。



何もせずに、じっとしていても時は流れる
日々思考し奔走していても同じ時は流れる
泣いていても、笑っていても
経過するときは同じ

そう思ったら・・・
よっちゃんの残りの日々
私がしてあげられること
私に出来ることは何なのだろう?



一昨日(水曜日)は病院へ行っちゃいました。
担当の先生はお休みですし
皮下点滴の日ではなかったのですが・・・・。
担当の先生がお休みの日の先生でもあり
時々鍼治療もお願いしているM屋先生と
お話がしたかったということもあるのです。

今から病気を治すことは絶対に出来ません。
ならば、極力、進行や痛みを和らげてあげたい
って思いました。
そのことを先生にお話をしたら
「漢方は?」と。
じつは、M屋先生ならそうくるって思っていたのです。
ただ、私の中で漢方はサプリメントに近い感覚があるということ
つまりは、西洋医学のお薬とは違い
即効性なるものはないと思っているので
それも含めて先生とお話をしたかったのです。

M屋先生は鍼・漢方・西洋医学 OKの先生。
先生がよっちゃんにすすめてくれたお薬は2種類でした。
そのうちのひとつは先生がこれまでの経験から
比較的効果が早く見られるとおっしゃっていました。
漢方薬は合う子と合わない子がいるそうで
合わない場合もあるので取り合えず3日分作ってもらいました。

この日の体重2キロちょうど。
ちょっとだけ、80グラム減りました。
体温は37度9分なのでまだ大丈夫。



漢方飲ませてみました。
するとね・・・やはりね・・・不味いのでしょうね。
笑えました。お薬を入れた途端によっちゃん
かたまりました(笑)
「よっちゃん、ごっくんした方が楽だと思うよ^^」




火曜日はおやつも食べなかったよっちゃん。
おトイレやお水以外は寝ていたよっちゃんでしたが
この日の夜は少しおやつを食べてくれました。


そして昨日
昼間一時帰宅するつもりでいたので
キムラさんのおうどんを置いて出社しました。
帰宅すると少し減っていたので計ってみたら
半分弱、食べてありました。
おやつも少し食べました。

夕方は病院です。
体重2.08・・・一時的であり、微々たる数字ですが
減らないよりは良いです。

病院の帰りの車中では、二本足で立ち
ずっとお外を見ていました。
帰宅するとお得意のすりすり堀堀・・・
そういった一連のよっちゃんのお仕事(苦笑)
見ていると、良くなったのかな?と思ってしまいますが
結局、夜はご飯食べずでおやつを少しです。
あ、あとお肉の茹で汁を少しお肉といっしょに・・・
それをほんの少し飲んで食べました。



漢方は続く限り飲ませようと思います。
お上手に(つまりはあまり嫌がらずに)
飲めるようになりました。

お薬を飲む、目薬をさす、
そういったことは、きちんとしてくれるので
かなり助かります。

よっちゃんが飲み始めた漢方は
源気と通楽というものです。
確か、通楽の方だったかな?
結構効果が早くに見られるのは・・・違っていたらごめんなさい。


明日は鍼治療です。
夕方、まろちゃんの送迎役で病院へ行きました。
よっちゃんも一緒にね^^
まろママが「よっちゃん元気じゃない~
もぉ、何が『体が準備を始めた』のよぉ。
すたすたさっさ歩いているし、」と。
そして「うちも漢方飲ませようかなぁ」って^^




今は元気です。
きょうもずっとお外を見て帰ってきました。
そうそう、朝ご飯は食べませんでしたが
お昼にフードを30gくらい食べたみたいです。
「もう少し生きたい」って思ってくれたのかな?
だから、ご飯食べてくれたのかな?

18歳にしてまた新たなものに挑戦しちゃいました。
そういえば・・・生肉ブームは去ったかな・・よっちゃん(苦笑)

写真 (19)403
ご飯のときではなくって
おやつの時のお写真です。

余裕がなくこんなお写真しかないです、きょうは。





長い文章でごめんなさいね。












スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年04月04日(Fri) 23:39
No title
編集
よっちゃんのパパとママは、春と初夏 だったのですね・・
季節が何回巡って来ても
その時のことは鮮明に焼き付いてて
出口のない長いトンネルに迷い込んだ気持ちですよね
苦しくって苦しくって・・
いつになったら この苦しみから抜け出せるんだろうって
私も同じ事 思っていました

家族やお友達、ご飯に誘ってくれるけれど
楽しい、美味しいとも思えなかったし、
顔は笑ってるけど、心は全く笑えない別の自分が居ました

今は、送ってあげられる方で良かったんだと思います
「楽になれて良かったね」と供養してあげられます
あ、・・ちょっと強がり言いましたが
そう思おうとしている最中です

ママさんはよっちゃんの為に出来る事を
すぐに実行されて素晴らしいですね
よっちゃんも、ママさんの気持ちを受けてちゃんと飲んでくれて。
お二人の絆は凄いなぁと思いました

よっちゃんの一連のお仕事がまだまだ続きますように~v-363

2014年04月06日(Sun) 15:30
きーちゃんさんへ
編集
おはようございます~
いつもコメントありがとうございます。

わかります、出口の無い長いトンネルに迷い込んで・・・
って。
こういう時って、何をしてもどう考えてももがいても
気持ちは変わらなくって前向きにはなれません。
ありふれた言葉ですが時が解決してくれる・・・
ホントそうだと思います。

私もよっちゃんが(一応本人はお仕事だと思ってるかも、爆)
いつものように決まったお仕事を一日でも長く続けられるように
今はそれだけです、望みは。
しかし、それが最大の贅沢な望みなんですよね・・・
2014年04月07日(Mon) 07:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。