愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ (追あり)心臓を選んだTOP未分類 ≫ (追あり)心臓を選んだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

(追あり)心臓を選んだ

追記2

おうちへ一時帰宅中です
おうちへ入る前に母が見に来ていたらしく
(母によっちゃんの病状は伝えておらず)
「良い状態だったわよ、よしこさん。」
(おトイレです)と言うので
「じつは、血液検査の結果が最悪で」と言うと

「あらぁ、全然そういう感じではなかったわよ。」


お部屋へ入ると、いつもとあまり変わらない。
私を見て喜ぶ(涙)
昨夜嘔吐2回で
朝ご飯を抜いてる
固形物を与えたくなくって
ほんの少しケーキの生クリーム部分をあげたら
ぺろぺろっておいしそうに食べてる。


きょう、まろちゃんはディケアーで
朝、病院へまろちゃんをお預けしたときに
まろちゃんのママが担当の先生に聞いてくれたの(涙)
「よっちゃんのこと先生に聞いてみたよ。
ぐったりしていないよね?なら大丈夫って。
あとは水分は補給してって」内容のメール。
ありがたいね~
同じ先生でよかったよ。





追記1
よっちゃんの数値ってホントかなりかなり悪いんだなって今
改めて思う。
でも、なぜか、気丈です。
先生に連絡をしようと思いましたが・・・
じつは、先生重病の患者さんを
診療時間前から迎えます。
それを思い出し、夕方まで待とうって・・・

多分大丈夫・・・
朝、お腹出してスリスリしていたし
なんと言ってもちゃんとおトイレに行って
吐いているもん
しっかりしてる・・・

先生が朝迎えるのはお友達のNさん、18歳のハピヨンちゃん。
先週から悪くなってしまい、
認知症は前からだったのですが
痙攣等が止まらないらしいです。

血液検査とかは、よっちゃんよりもはるかに良いのよ。
でも、もうだめかもって
Nさん言っていたんです・・・


追記が長くなちゃった(苦笑)
私が帰るまで・・・待ってて・・よっちゃん
私を待っててね。信じてね





コメントのお返事遅れています。
ごめんなさい・・・・

診察へ行きました。

迷いました、
皮下点滴をするか



聴診上は問題ありませんでしたが
焦りたくはなかったです

今、肺水腫になることは
絶対にあってはならないことだから。

先生に「レントゲンで確認したいです。
それから点滴をするか、決めます」と。

利尿剤を減らしたことや
今朝の呼吸が気になっていました。

聴診上では大丈夫であっても
それはけっして100%ではないです。

レントゲンの結果、
先日よりもやや白い部分が見える気がしました。
先生がおっしゃるよりも早くに
言ってしまいました。
少し、白くなっていますね・・・って。

多分、微妙であるとは思いました。
この程度なら、大丈夫と判断しても
良いのかもしれないです。
でも、今一番怖いのは肺水腫です。

先生が腎臓は一日遅らせても待ってくれます。
確かにBUNも上がって140
クレアチニンも高いです。
ただ、今の状態できょう、明日・・・とか
命に関わることはないとおっしゃいました。


よっちゃんは、ご飯食べません。
寝ているお時間が長いです。
しかし、元気なのです。

点滴をして帰宅すれば
点滴をしたことを後悔するような気がしました。


決まっていながら迷ってた。

焦ることで命を落とすようなことをしては
ならない。
今は一日待つことの方が大事だって。


きょうは、Nさんもまろちゃんもいました。
みんな担当の先生同じなのです。
順番はNさん→よっちゃん→まろちゃん
年齢は 18歳→18歳→16歳です^^v


診察室出て、まろちゃんのママに
「よっちゃん、点滴中?」って言われたので
レントゲンの結果待ちって言ったら
「言ったんでしょ?レントゲン撮ってください~」って
と言われちゃいました(苦笑)
すっかり、私の性格見通されてます。



皮下点滴せずに帰宅

ご飯食べませんでした。
VIYOを飲みましたが・・・・
落ち着かず、何か変でした。

すると、おトイレに行き嘔吐
夕方食べたジャーキーとVIYOが・・・・


間違ってた?私の判断。
皮下点滴をしてきたら・・・吐かなかったかも
って思いました。


しばらくしてご飯を出してみると
食べたのです。

食べたのですが、夜中
おトイレに行って嘔吐してました。
その吐き方がすっごく辛そうでした(涙)


落ち着くことも無く
よっちゃん夜中眠れなかったみたいです。


間違っていたのか?って悔やまれました。
点滴をしてきたら、嘔吐はしなかったの?

・・・皮下点滴しても嘔吐したような気もするのです。
自分を庇護するわけではないのですが・・・・



しかし結局、よっちゃんに辛い思いをさせてしまいました。



今、どうしたらよいのかわからなくって


急を要することなのか
それとも夕方まで待っても大丈夫なのか。

ぐったりとしているわけではありません。
おしっこも出ています。

でも、あれだけの数字を出してします、検査で。
しかし、あれだけの数字を持っている子には
到底みえないくらい
しっかりしています。


静脈からの点滴を時間をかけて行うことが可能であるか
どうかも・・・・


ばかですねぇ~昨日遅刻なんてするから・・・
肝心なときに早退とか出来なくなってしまい・・・
午前中は11時ごろまでは外へでられません・・・

ただ、外でのお仕事と偽って外出はできるので
今迷ってます。
とりあえず、病院へお電話して先生と相談してから
行動しようと思います。











スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年03月07日(Fri) 08:46
心配ですね!
編集
肺水腫が一番怖いのでそれだけは避けたいですね。
なんとか吐かずにご飯食べれるようになりますように!

18歳のパピヨンちゃんも心配ですね。
2014年03月07日(Fri) 22:24
No title
編集
この記事を何回も読み返して
昨年のぼくの事を思い、
自分だったらどうするだろう?・・と考えてました

ずっと一緒に居た飼い主が、
その子の事を考えて出した決断なら
それは絶対に間違いじゃないと思います

よっちゃん、少しでもご飯食べてね
よっちゃんなら乗り越えてくれると思います
応援してるよー!
2014年03月08日(Sat) 01:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。