愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ レントゲン・血液検査TOP未分類 ≫ レントゲン・血液検査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レントゲン・血液検査

昨日は病院から帰ったのが20時過ぎでしたぁ~(大汗)
なぜならば、
18時すぎに病院へ入って
血液検査やレントゲンをお願いしたからなの。
食欲が大きく無くなったわけではないけれど
かなり食ムラが出てきたよっちゃん。
今までの食事の量よりも少なくなっているのは事実。
元気はあるし
おやつは喜んで食べるのだけれど・・・・
なぜご飯を食べたがらないのか
さっぱりわからない。

元気があるとは言っても体の中が大きく変化していたら
嫌だし~
よっちゃん的には珍しく血液検査1カ月していなかった(苦笑)

私が気になることは
最近、お咳がでるようになったこと。
・・・・とは言っても
苦しそうとか、なかなか止まらないとか
そういうのではなくって
むせたり、動いた後にちょっと出る程度。
あとは、鼻水。
透明ではあるけれど、
・・・・この2点って心臓か??って思わせる要素ですよね。

結果はドキドキしながら待ちましたよん。
ドキドキと言うよりも、あれやね・・・
覚悟を決めていたって感じです(爆笑)
食ムラはまたBUN140とか???って。

待っている間にまろちゃんママからメール(爆)
「病院?・・・・・」なんか笑えちゃった^^


まず、体重  1.98キロ  ^^OK~★
血液検査ですが
11月の体調崩しの時から肝臓のすべての値が
上下していて
でも、この辺はちょっとしたことで変動するので
あまり重要視はしていない、先生と私です。
よっちゃんの場合は慢性膵炎もあるし、
正常値を超えていますが
先生がおっしゃるには、よっちゃんのような数値の子は
結構いるとのことです。
そして加えて、よっちゃんは

グランドシニア


ですから、正常値は気にしてませんってか
まず、18歳ですべて正常値なんて期待できないでしょう。

腎臓や肝臓と言った臓器に影響を及ぼしちゃう
リパーゼは  537  でした。
高いです。
しかし、一番高い時で835  低い時で 380
この間を10月の下旬より行ったり来たりです。

CRPは1.25 標準は 1.0以内なので
これくらいは全然許容範囲内。
クレアチニンはよっちゃんレベルの平均値  2.1
変わらずなのでOKです。
そして驚いたのが BUN です。
今までの中で(病気をしてから)一番良いです。
52.6まで下がってました。
普通は高いですよ、この数値では(爆笑)
よっちゃんにとってはかなり低いのです。

で、総合的に言ってもこういった数値であっても
よっちゃん的にはまったく問題ないのです。
(若いお友達は真似しないでくださいね^^)

そして、レントゲンです。
これがちょっとよくなかったです。
予想通りです。
前回、本当にクリーンで心臓も小さかったのです。
でも、最近私なりに考えていたのは
あれだけ肺がきれいになって
心臓もとても小さくなってって
あの時が最高、つまり頂点だったわけです。
お薬を服用し続けて・・・。
それに関しては、私は利尿剤の服用に関しても
良かったのだと思っています。
でも、頂点を登りつめたら後は下るということになるのです。
出来るだけ、下ることを遅らせるには
おそらく、今までのお薬の服用では無理だはないかって思っていました。
そして、昨日のレントゲンです。
やはり、心臓はちょっと大きくなっていました。
綺麗だった肺もうっすらと白いものが見えました。
が、先生もおしゃっていましたが
肺水腫に繋がるというレベルではないそうです。

現状のお薬でも構わないし、
もしくは、心臓の負担を少しでも軽くしてあげるために
お薬の量を増やしてあげる・・・
どちらか、ふっと迷いはありましたよ。
でも、お薬を増やすことにしたのです。

基本、お薬は飲まないにこしたことはありませんが・・・
症状が出てから、お薬を飲ませても・・・・
という考えが私の中にあるのです。
大きな変化を抑える為にお薬の量を増やそうって思いました。
苦しそうな呼吸やお咳から守ってあげることをしようって思いました。
お咳が出てから、では遅いってこともあります。
18歳という年齢ですから。

後ね、皮下点滴を頻繁にしているということも
多少なりとも、心臓に影響していることは
否定できないのです。
でも、腎臓もあるんで・・・・点滴も必須ですもの。

あ、そうそう、心臓がちょっと大きくなったのは
体重というか・・・
ちょっとよっちゃんお肉がついたということも
無きにしもあらずらしいです。
グラム単位ではあるのですが
レントゲンで比較したときに
先生が「レントゲンで見ても右と左で・・・
よっちゃん、お肉つきましたよね~」って(爆)
多分200グラムくらいです(爆)

療養食を食べないよっちゃん。
サプリメントを肯定できない私。
(真似しないでくださいねぇ~
サプリメントが合う子もまたいるのです)

この組み合わせで、ここまで生きてきました。
もうちょい、頑張りたいです~^^


結局、食ムラの原因って??
心臓?
単なる気まぐれ?
ま、大きく体重が減っているわけでもなく
カリカリご飯を食べるには食べているので
様子見やね。
 
昨日も胃腸関係は問題なしで
あ・・・病院へ行く前に食べたジャーキーが
胃の中でちゃっかり写ってました(爆笑)
先生と笑ってしまいましたあ~




そんなかんやで、月曜日の仕事始めに
昨日の検査等
もう、バタバタで
よっちゃんのお写真も撮っていませんし
お肉も冷凍庫へ~でした。

何もないのは寂しいので
きょうはこれです
108.jpg
まだまだ若い頃・・・






スポンサーサイト

Comment

ご飯たべてほしいですね。
編集
よしこちゃんしっかり歩いて元気もあるように見えるのに
体重も増えてるのに、血液検査はいろいろですね。

リックも減ってると思っていったら、白血球またまた増えて
びっくりですが、どう見ても元気なんですよ。
考えてみたら、本当に辛そうにしてると苦しいのかなって
可哀想ですが、本犬は辛くないのかな?って思ったりします。
シニアになると、いろいろ違うのかなって気がします。
先生にわからないんだから、私にわかるわけもなく
普通に楽しく一緒にいたいなって思ってます。

でもよしこちゃんはしっかり食べてもらわないと困りますね。
2014年01月08日(Wed) 15:49
No title
編集
こんばんは、
お具合が極端に悪いわけではないので
ほっとしました。
自分でコントロールしているのかな。
2014年01月08日(Wed) 19:22
お返事
編集
メルシーママさんへ

コメントありがとうございます。

ランちゃんへの点滴
感心していました。
むずかしいだろうなぁ~って
私なんかこわくってできないわ・・・。

よっちゃん、今はまだ大丈夫ですが
そのうにち、刺すところがなくなっちゃうかも。
とも心配してます。
また、もし、よっちゃんが
自宅点滴になったら
その時は、アドバイスお願いしますね。


リックママさんへ

そうなんです・・・願いはただ一つ
「食べてほしい」
そして、よっちゃんもありますよ~
先生がお首をかしげること「わからない」
これだけの数値を出していて普通でいられたり
・・・これまでもありました。
以前は数値ってとっても気にしていましたが
最近では数字よりも現状ですね。
基本元気で食べられることです。
それが一番って思います。

しがないおじさんさんへ

コメントありがとうございます。
そうなのです、これといって原因となるような要素は
なかったのです。
勿論、それで安心はしましたが(苦笑)
自分で調節しているのなら良いのですが・・・

ちなみに今朝は鶏中心の生肉を通常の量食べたのですよ^^汗


2014年01月09日(Thu) 07:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。