愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 繁殖犬だった私TOP未分類 ≫ 繁殖犬だった私

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

繁殖犬だった私

病院に置いてあった雑誌のトップページのコラムが
「繁殖犬だった私」というタイトルです。
冒頭数行で涙腺緩みました~

。・.☆。・.。・.☆。・.。・.☆。・.。・.☆。・

私は2年前まで、商品になってうられていく小犬達を沢山産むための
繁殖犬として、ずっと狭いケージの中で暮らしてきました。私の仕事はただ
効率よく商品を作ることで、小犬を産む機械だった私に吠える事は必要なく、
私は声を取られてしまいました。外へ散歩へ行ったことがなく、私が見ていた
外の世界と言えば部屋の窓から見える大きなイチョウの木一本でした。・・・



                 。・.☆。・.。・.☆。・.。・.☆。・.。・.☆。・.



ある保護団体がわんちゃんを保護しました。
新しい飼い主さんとかわいいチワワちゃんのお写真が写ってます。
飼い主さんの満面の笑みがとてもとても美しいです。
今も涙が出そうになってます。


130903_084642.jpg




可哀想なわんちゃんはたくさんたくさんいます。
私は、今は何も出来なくって・・・・
でも、みんなに幸あれって思います。





スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年09月03日(Tue) 18:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。