愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月
ARCHIVE ≫ 2014年08月
      
≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

ヨーキーの子犬

お泊りに来てます。
木曜日の夜から

写真(445)

成犬やっぱり2キロ前後かな?
写真(446)

こんなに小さかったかな?

ちょこちょこ、ぴょんぴょん弾んで

ヨーキーの匂い(苦笑)
子犬の頃のヨーキーの匂いってあるんですよ(苦笑)
私だけかな?それを感じるのって。
毛の手触り感も
ヨーキーの子犬
懐かしいなって

来月で6ヶ月
やっぱり小さくないかな?この子。

お顔も小さく詰まってて
可愛い子になると思います^^


よっちゃんを目指して
強く美しく、成長して
長生きしてね^^


・・・・・ただねぇ、娘よ
毎日ブラシいれてよね~
毛玉できている箇所ありました
いないからねぇ
こんな小さいうちから毛玉を作る子って(爆)




よっちゃん・・・
先日、ばったりキャベツママに会いました。
キャベツママが
「よっちゃんはさぁ、やっぱりおりこうさんだったよねぇ~
・・・・・」

泣いても叫んでも何をどうしても
もう私はよっちゃんに触れることはできない
どうあがいても、目の前に動くよっちゃん
笑うよっちゃん、私を見上げるよっちゃんは現れないのだ。


よっちゃんへの思いは消えることはなく
毎日続いていて
なのに、よっちゃんが少しづつ
私から離れていくような感覚が時々あって
勿論、私はよっちゃんを忘れることはないのだけれど

ブログをどうしようかなって
書籍化・・・私だけの一冊を作り
このブログの幕を閉じるか
それとも続けるか、悩みどころです、今。


雨が降る日
君はどうやって雨をしのいだの?
凍えるような寒い夜
君はどうやって寒さから身を守ったの?
風にのり、漂う夕暮れ時の
夕食(ゆうげ)のにおいを嗅ぎながら
君を何を思ったか
未来さえもわからず
明日のことさえもわからなかった日々
守ってあげたい助けてあげたい命はたくさんあって


ベッドでごろんとする
暖かいごくごく普通のおうちにいる幸せを
君にも教えてあげたくって
もっと人を信じていいんだよって
安心していいんだよって

でも実際に助けてあげられる命は
ごくごく僅か

ねぇ、よっちゃん、どう思う?
ねぇ、よっちゃん、どうしようかねぇ~





動画を見ていっつも親ばかになってます、涙しながら・・・・
だって、私は見たことないですよ~
18歳10ヶ月で、よっちゃんみたいに美しいヨーキーを
(親ばかです)
きょうは字足らずみたいな動画です。
でも、どうしてもこの曲なんです。













スポンサーサイト