愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      
≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

守ってあげたい

きょう、よっちゃんは鍼治療で病院へ。
Nさんに目薬を貰ったの。
おめめを開けて寝ることが多いよっちゃんにって
・・・・帰宅してから見てみたら
トライアングル動物眼科診療室 
Nさんちの誰かさん通院していたのかなぁ?って・・・
水曜日に会うと思うので聞いてみよう~

昨日はまろママに南蛮漬けを貰い
きょうもまろママにおなすのからし漬けを貰い・・・

みなに貰いっぱなしです(汗)
お礼をせねば。



午前中シャンプーして午後から鍼で
おまけに元気よくわんわんと鳴いたりしていたので
疲れているのかな?
写真(330)

写真(331)


まろちゃん、きょうはM屋先生の鍼
よっちゃんもM屋先生の鍼

最近心臓は落ち着いていますが
過去肺水腫を起こしちゃったことがあるよっちゃん。

その2回目の時に、私にしては珍しく
先生に意見したことがあった。
それがM屋先生でした。
今思えば先生が懸念された気持ちがわかるのですが
あの時の私は不快感・不信感があったので・・・・
ついつい「先生、使ってください!」と言ってしまった。
だって・・・・一度病院を後にしてから
「あれ?何かへん」って思い病院へ戻り
先生に「呼吸がおかしいと思うので聴診してください」って
言いました。
先生は聴診器を外しながら「レントゲン撮りましょう」って。
肺水腫の時の音がするって・・・。

それないよって思いましたよ。
その時はカチンときてましたから。

後にも先にも(多分)
先生に意見してしまったのはその時一回だけです。



病状や治療はそれぞれの子によって違ってくると思います。
先生とよ~く相談して、治療していくことが良いって
思います。

よっちゃんは口がきけません。
でも、年齢的にどこかしら痛いところがあるかもしれないです。
多分、あると思うのです。
関節とかね、お背中とかね。
そういったことを一つでも緩和してあげて
毎日の生活が苦でないようにしてあげたい・・・
それで漢方を飲ませ始めたのです。

この一年、心臓のお薬を増やしたのは一回だけです。
先生の調合してくださるお薬とよっちゃんの相性が良いのだと思います。

名医とはなんでしょう?
私はよっちゃんの担当の先生は
よっちゃんの名医だと思っています。あ・・・
まろちゃんの名医でもあります~^^
まろちゃんも、すっかり落ち着いてますもの。
有名な病院の先生だけが名医ではないと思っています。
大きな病院だから安心か??
私はそう思ってないです。

よっちゃんの担当の先生やその次の担当の先生との出会いは
大きいです。


写真(332)





ユーミンではないけれど
守ってあげたい


ただただそれだけです。

3月23日撮影
頭がかなりひどくかゆいって・・・よっちゃんが(爆)
おりぼんずれてるし、髪ぼさ



18歳には見えない動きでしょ?(爆)



スポンサーサイト