愛犬ヨーキー18歳のおはなし

18歳10ヶ月で虹の橋へ。よっちゃんが居なくなった今の日々の思いを綴っています。
2012年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年02月
ARCHIVE ≫ 2012年02月
      
≪ 前月 |  2012年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

食事にむらがある子です
小型犬はそういう子多いと思いますが・・・
昨夜のご飯、サバご飯を食べているところ・・・これは完食しましたが^^


6.jpg


パスタやおうどんが大好きです
この時期になると生鮭が手に入らないので
最近はずっと作っていないのだけれど

7.jpg

鮭とブロッコリーが大好きなよしこです

病気になったことがきっかけで
手作りご飯にかえました

日曜日のご飯

フルタイムで働いているので
冷凍物を利用したり時折ドッグフードを混ぜたりもしています
手作りご飯をお取り寄せして冷凍庫にストックしてあります


初めの頃はなんでも食べていたのですが
手作りご飯に慣れてからは好き・嫌いがばっちりで
ニンジンがあまり好きでない様子
お皿のまわりにニンジンだけがきれいに並んでいたりすることもあります
お皿から出してしまうのです(苦笑)

命あるもの、寿命があります
でも、出来る限り、少しでも長く健康な体で過ごさせてあげたいって
思います

パパやママの時にも手作りご飯にきがつけば・・・
とも思いましたが
今までの飼育の経験が今ここにあるのだと思います



少し前に階段から落ちて
お爪が一本取れちゃったことがあったのです

その後、階段は怖がってもう上がらないだろうと思っていたのですが・・・
気が付くとトントントンと上がっていました
16歳というと高齢ですが
18歳19歳っていうわんちゃんもいるのですから
よしこはまだまだこれから~って・・・・身勝手ながら思っています





スポンサーサイト

昨年You Tube にアップした動画です




ブログの初めにも記しましたが16歳で手術をうけました
高齢と言う事や体が小さいことでもしかしたら・・・という思いが頭を過りました。
決断を早く出さなければならない状態だったので
家族にメールで連絡を取り、家族全員の意見を聞いた上で
手術に踏み切ることにしました。

14歳の頃、乳腺腫にかかりその時も手術を悩みました。
病理に出し良性であると判明したので手術はしませんでした。
なのに・・・16歳になって・・・・
息子の一言「手術をしなければ助からない・・・治ることはない
だったら、可能性がある方にかけるべき」
自分の中でも結論は出ていたのだけれど、その一言で後押しされたと思います。

私の母は反対でした
「何も・・・高齢であんなに小さな体で・・・他に助かる方法はないの?」
その気持ちもよくよくわかりました。

あとは、よしこの生命力を信じる、先生を信じる・・・・
手術前夜から入院をして点滴を受け手術に備え翌日外来が終わった時点で
手術ということになりました。
しかし、翌朝、先生からお電話があり
思ったより検査の数値がよくありません。
昨日より悪くなっていますと・・・・
出来るだけ早く手術をします・・・と。

「先生、今から会いに行ってもよいですか?」

手術前にどうしても会いに行きたかったのです。
抱きしめて、頑張ってね、待っているからと言いたかったのです。

私を見つけると、よしこはヨロヨロと立ち上がろうとするけれど
立てなくなっていたのです。
目で見ても状態が悪くなっていることは明らか・・・
昨夜病院を後にする時には
カリカリして「開けて、ここを開けて、おうちに帰る」って仕草をしていたのに・・・

手術の間は病院の待合室で待つことは許されず
自宅で待機だったのです。
先生が「何かあればすぐに連絡します・・・・」
でも言われていたのです・・・良い状態ではないって


手術が始まったかな・・・と思われるお時間から30分ほど経過してからだったか・・・
携帯が鳴りました。怖かったです・・・取るのが・・
早すぎる・・お電話が早すぎると思ったからです。

恐る恐るお電話を取ると
CTスキャンの結果、卵巣に腫瘍があるようですが、
一緒に切除するか否かということと
お腹を大きく切るので、乳腺腫も切除出来るけれど
切除しますか?という内容のお電話でした。
一緒に切り取ってしまうことをお願いしました。

それからがとてもとても長かったです。

次にお電話があったのは、手術が終わってからでした。

「今、麻酔が覚めかけているところです・・・聞こえますか?鳴き声」と。
聞こえました・・・「くぅ~ん、くぅ~ん」と赤ちゃんのような声が。

「先生ありがとうございました、本当にありがとうございました」と
私は喜んで言いましたが、先生はきっぱりと
「手術が無事済んだからと安心は出来ないのです。
大変なのはこれからなのです」と。

勿論、高齢ということで、術後の経過は私も心配でした。
でも、手術が無事に終わったことがとてもとても嬉しかった・・・んです。

夕方面会に行きました
私達を見ると、よしこはいつものように立ち上がり
カリカリして「開けてちょうだい。一緒におうちへ帰るの」という仕草。
手術後間もない様には見えなかった・・・ホント見えませんでした。


それから術後の経過は順調で現在に至っているわけです。

よしこの生命力には担当の先生も驚いていましたが・・・
私自身今回の事で感じたのは
この子はまだまだ生きたいと思ったのだ
もっともっと私達と過ごしたいと思ったのだ・・・といういうことです
「愛おしい」という気持ちが・・・
これまでもそういう気持ではあったのに
これまで以上に感じました















久し振りの投稿になっちゃいました

年が明けてからバタバタと忙しく久し振りの投稿になっちゃいました
お休みが少なくって・・・おうちのお掃除も週に1回くらいしか出来ない・・・ということも
悲しかったりもしますが、よしこのパパが他界してから、この子は一人のお時間が
多くなってしまい、つまらないだろうな~と今更ながら改めて感じる、きょうこの頃です

今会社のパソコンから投稿しているのですが・・・会社のパソコンにこんな画像がありました

まだみんちゃんがおうちにいた頃の二人です
左側がよしこです
お写真を写したものなので写りが悪いのですが・・・


yosikotomin


みんちゃんとテリーです
こちらもまた、お写真を写したので見にくい・・・

mintoteri.jpg

テリーです(よしこのパパ)

teri.jpg





ちーちゃん(テリー)はやっぱりかわいいお顔をしている~^^
親馬鹿です~^^


これは家族三人で写したもの
まだまだよしこは赤ちゃんで・・・何か情けない~
この子達が小さい頃のアルバムをみんなで見ると
みんなよしこに笑えちゃうのです
ヨーキーらしくなく、のんびりさんで天然ちゃん
・・・・
マリーはやっぱり母親の貫録ありますねぇ~^^


kazokude.jpg


天然ちゃんのせいか、病院でも先生に言われます
「ホント、よっちゃんは若々しいですね~年齢を感じさせないわ」って

まだまだ元気でいてほしいと思います

みなさんと同じように
世界で一番かわいい我が子ですもの^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。